データ分析サービスとは? Excelでのデータ管理は時代遅れ!

 2022.03.11  株式会社システムエグゼ オラクルクラウドチーム

Excelでデータの管理をしている企業も少なくありません。しかし近年は、経営やビジネスを効率化するための手段として、データ分析サービスが注目されています。新たな分析手段に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

今回はデータ分析サービスの概要をはじめ、メリットや導入イメージなどを解説していきます。データ分析サービスの導入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

データ分析サービスとは

データ分析サービスとは、さまざまなデータから価値のある情報を導き出すための分析サービスです。近年はAIによる高度なデータ分析も行われていますが、専門知識に乏しい企業だとデータ分析に取り組むのは容易ではありません。

その点、データ分析サービスを活用すれば、分析システムを自社のニーズに応じて構築できます。たとえば、データの収集や蓄積、BIツールによるデータの視覚化、AIを活用したデータ分析など、一貫した分析ソリューションを提供してもらえます。

情報活用のコンサルティングまでサポートしてもらえるので、データ分析の環境を有効活用していけるでしょう。

データ分析サービスを利用するメリット

データ分析サービスを利用するメリットがわからず、なかなか導入に踏み出せない方もいるかもしれません。データ分析サービスを利用するメリットを詳しく解説していきます。

専門的な人員がいなくてもすぐ着手できる

一般的に、データ分析の実施にはデータサイエンスの知識が必要です。しかし、データサイエンティストは人材不足に陥っているのが現状であり、専門知識のある人材を確保できず、データ分析がスタートできない企業も少なくありません。

その点、データ分析サービスは、ボードの操作によって検索や集計などの機能が利用できます。特別なスキルのない現場スタッフでも、機械学習の結果を画面で確認することが可能です。

専門的な人員がいなくても、データ分析できる環境を整えれば、顧客ニーズに適した店舗づくりや在庫の最適化、業務の効率化などを実現し、企業価値を高められるでしょう。

先進的なノウハウの獲得

情報システムの整備やAIの運用などでは、データ分析に関するノウハウが求められます。専門知識がなければ、データ分析をすべてアウトソーシングするという方法もあります。しかし、アウトソーシングに頼ってしまうと、社員がデータの分析を実行できず、データ分析のノウハウが吸収できません。

その点、社内にデータ分析を行えるシステムを導入することで、社員がデータ分析の経験を積みながら売り上げ拡大や顧客満足度の向上を目指すことができます。AIやIoT、ビッグデータの分析に関する実績が豊富なデータ分析サービスもあるので、サポートを受ける中で先進的なノウハウについても獲得していけるでしょう。

データの活用目的が明確になる

データ分析サービスによって分析結果を表示できるようになっても、自社の業務に活かせなければ無駄なコストが発生してしまいます。また、サービスの導入が目的になってしまえば本末転倒です。

その点、データ分析サービスの中には、ヒアリングやコンサルティングによって、分析の目的を明確化してくれるサービスもあります。たとえば、調査したい項目を提示して必要なデータを共有するだけで、企業の課題を特定してくれるサービスがよい例でしょう。

企業の課題がわかれば、課題解決に向けて、対策を講じられます。データ活用サービスの導入を検討するときは、目的の明確化を特に意識してみてください。

人員不足を解消できる

システム構築や運用、リサーチ、分析の実施には膨大な人員が必要になります。しかし、データ分析業務に人員を回すと、コア業務に専念できなくなってしまうでしょう。

そもそも、データサイエンティストやAIエンジニアなど、高度な専門人材を確保できない場合もありえます。

その点、データ分析サービスは誰でも使いやすいユーザーインターフェースになっており、外部のサポートを受けながらスムーズに利用できます。最適なサービスを導入すれば、最少の人員で目的を達成できます。また、データ分析の結果を有効活用すれば、コア業務による売り上げを高められるでしょう。

業務全体も効率化できる

企業が取り扱うデータは膨大です。そもそもデータを分析する前に、データの取り込みやシステム基盤の整備で人件費や時間がかかるケースも珍しくありません。データ分析サービスでは、取り込み作業や基盤整備まで含めて、サポートしてもらえるケースがあります。

また、バラバラに導入されていたオンプレミスのシステムをクラウドで統合することにより、業務全体を効率化することも可能です。
膨大なデータをまとめて分析し、データにもとづく意思決定を実現することができれば、
組織の成長に貢献するでしょう。

まずはここから始めよう!Oracle Cloud 入門ガイド
【ビジネスをさらに加速させる︎】Oracle Cloudを活用したデータドリブン ユースケースのご紹介(機械学習と予実管理)

データ分析サービスの利用イメージ

今までExcelでデータ管理をしてきた方にとって、データ分析サービスを利用するイメージが湧きづらいかもしれません。データ分析サービスを利用する際の流れについて詳しく解説していきます。

社内システム全体の統合とクラウド化

散在しているデータを個々に分析するのは非効率でしょう。社内のデータ分析を行うためには、まず、データを利用しやすい環境を整備する必要があります。そのためには、クラウドに移行することがおすすめです。

クラウド化は、データ分析の環境を整えるだけにとどまりません。たとえば、部門間の異なるシステムを統合することで、データ共有が円滑になり、社内のDX基盤も整備されます。

そのほか、クラウド環境は事業者のサーバやソフトを活用できるのでメンテナンスが不要です。データ分析以外にも、保守や運用などでIT人材を投入せずに済む点もメリットでしょう。

BIツールの導入とレクチャー

データ分析サービスで用いられるツールとして、BIツールがあります。一例として、MotionBoardが挙げられます。MotionBoardはデータを集約・可視化してアクションにつなげられるダッシュボードです。

各種データベースやオンラインストレージ、クラウドサービスと連携して、Excelやチャットツールなどにさまざまなパターンでアウトプットしてくれます。MotionBoardの画面で機械学習の結果を表現することも可能です。

実際の企業のデータをもとに、機械学習を活用したデータ分析をデモンストレーションし、データ分析のステップアップを体感させるサービスもあります。データ分析サービスを導入し、新たな分析方法に触れることで、自社の課題に気付く機会が得られるでしょう。

分析の目的決定からモデリングまで提案

データ分析サービスでは、マーケティング戦略の目的を想定し、現状のデータから最適な分析モデルを構築してくれます。

たとえば、AIのモデリングを提案し、機械学習によって顧客を分類したり、顧客タイプごとに育成パスを発見したりするサービスもあります。専門知識がなくても、実務を通じてAIを利用するメリットや方法を把握できるでしょう。

また、企業がデータ分析ツールを導入しても必ずうまくいくとは限りません。その点、データ分析サービスを利用する際、フィット&ギャップを実施してくれる事業者もあります。

フィット&ギャップとは、自社のニーズと導入するシステムがマッチするかを分析する作業です。ニーズとシステムのミスマッチングを回避すれば、余計なコストも発生しにくくなるでしょう。

まとめ

以上、データ分析サービスの概要をはじめ、メリットや導入イメージについて解説しました。専門的な知識がなくても利用できることや、先進的なノウハウを蓄積できる点に、魅力を感じていただけたのではないでしょうか。

高度なAIによるデータ分析が自社で実施できるようになれば、ビジネスの新たな方向性を導き出していけます。Excelによるデータ管理では物足りないと感じている場合は、ぜひシステムエグゼが提供する次世代データ分析サービスの導入を検討してみてください。

カタログ:MotionBoard × Autonomous Data Warehouse 次世代データ分析サービス

RECENT POST「データ活用」の最新記事


データ活用

データ活用を有効化させる5つのステップと3つのポイントとは?

データ活用

データ分析プロセスとは? ビジネスに活かせるデータ分析の進め方

データ活用

データ分析の基本はこれ! データ分析の手法やメリットについて解説!

データ活用

データ分析基盤とは? 3つの構成の役割とメリット、選定のポイントについて解説!

データ分析サービスとは? Excelでのデータ管理は時代遅れ!
ブログ無料購読のご案内

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング