データドリブン経営とは?的確でスピード感のある経営判断のために

 2021.12.22  株式会社システムエグゼ オラクルクラウドチーム

DX時代の到来によって、企業の経営にも変革が求められるようになりました。的確でスピード感のある経営判断を行わなければ、他社との競争で後れを取ってしまうことも考えられます。

そこで注目されているのが、「データドリブン経営」です。しかし、データドリブン経営についてご存じない方も、まだまだ多いのではないでしょうか。そこで本記事では、データドリブン経営の基礎知識やメリット、実現方法についてお伝えします。

データドリブン経営とは

「データドリブン経営」とは、経営に「データドリブン」を取り入れることです。これではイメージしづらいので、データドリブンから順番に解説します。

データドリブンとは

データドリブンとは、「データに基づいてビジネスの意思決定を行う」ことです。

ビジネスの意思決定では、「KKD(勘・経験・度胸)」に頼って判断してしまうことも少なくありません。しかし、ビジネスはクライアントがあってこそ成り立ちます。客観的な判断材料がなくては、クライアントのニーズを正確に把握できず、適切な意思決定は難しくなるでしょう。

データドリブンでは、ビジネスで直面するさまざまな問題・課題に対して、データを収集・分析し、示唆を得ることで答えを導き出します。データという明確な判断材料を拠り所にすることで、主観や直感を排除した高精度な意思決定が可能となるのです。

データドリブンについては別の記事でも詳しく紹介していますので合わせてご覧ください。

経営をデータドリブンにする

データドリブンの意味を踏まえて、本題に戻ります。

データドリブン経営とは、「データに基づいて企業の経営判断を行い、アクションする」ことです。経営判断とは、「ヒト・モノ・カネ」という経営資源の3要素を、どのように配分・活用するかの判断を指し、人員の配置や製造ラインの増減、事業の売買など多岐にわたります。

こうした経営判断のためにデータを活用するのが、データドリブン経営です。まず、データを収集・分析し、その結果を基に経営戦略を立案します。その後、経営戦略を実践し、効果測定を行い、課題があれば経営戦略を改善します。このようにPDCAサイクルを回していくのが基本的な流れです。

経営をデータドリブンにするメリット

経営をデータドリブンにするメリットは、下記の3つです。

  • 迅速かつ的確な意思決定
  • 生産性の底上げ
  • クライアントとの良好な関係構築

迅速かつ的確な意思決定

経営をデータドリブンにすることで、意思決定が迅速かつ的確に行えます。

経営判断に必要なデータを可視化することで、従来の手法では見えなかった傾向を分析することが可能です。また、昨今ではAIを用いてデータ活用できるプラットフォームも数多く存在します。こうしたIT技術を活用することで、人間が行うよりも的確な分析が可能です。

また、データによって経営判断の根拠を示せるため、関係者からの理解も得やすくなるでしょう。客観性のある的確なデータ分析結果があれば、主観や直感に基づく根拠に乏しい議論が不要です。その結果、アジリティの高い意思決定を実現でき、企業が成長していくうえで大きな武器となります。

生産性の底上げ

経営をデータドリブンにすることで、生産性の底上げも期待できます。生産性が向上すれば、人件費削減や利益拡大につながるでしょう。

データドリブン経営では、オンラインでのデータ活用が主体となります。データ活用のためにIT技術を導入・普及することで、企業のDX化が加速するでしょう。それによって、時間や場所に縛られない効率的な経営判断が可能となります。

また情報共有も活性化し、業務における属人化の解消も期待できます。さらにデータを可視化することで、業務プロセスの無駄も見えやすくなるでしょう。発見した改善点を経営判断に活かせば、積極的に業務効率化を図れます。

クライアントとの良好な関係構築

経営をデータドリブンにすることで、クライアントとの関係もより良好となり得ます。クライアントとの関係性は、企業の競争力に直結します。クライアントとの良好な関係は、企業にとって大きな優位性となるでしょう。

データドリブン経営では購買データなども収集し、クライアントの細かい消費動向を可視化します。そうすることで、クライアントのニーズを細かく分析できるようになるのです。

結果として、クライアントのニーズにより合った商品やサービスを提供でき、顧客満足度の向上につながるでしょう。さらに、クライアントからの口コミによる新規顧客の獲得など、さまざまな効果が期待できます。

相互接続を活用した基幹システムのマルチクラウド化事例
【ビジネスをさらに加速させる︎】Oracle Cloudを活用したデータドリブン ユースケースのご紹介(機械学習と予実管理)

経営をいかにデータドリブンにするか

次に経営をデータドリブンにするために必要なことを3つ紹介します。それぞれ順番に解説しますので、効率よくデータドリブンを取り入れるためにも理解しておきましょう。

  • データドリブンに対応できる人材確保
  • 適切なツールの導入
  • 企業全体へのデータドリブンの浸透

データドリブンに対応できる人材確保

まず、データドリブンに対応できる人材を確保しましょう。データドリブン経営では、データを収集・分析するだけでなく、それらの結果から経営戦略を立案できる人材が必要です。高い専門性が要求される作業のため、データサイエンティストなどを確保する必要があります。

現実的には、データドリブンに対応できる人材が企業内にいないケースも多いでしょう。しかし、人材の採用や育成、アウトソーシングを行うのでは、大きなコストが発生します。人材の確保が難しい場合は、外部サービスの活用によりデータドリブンの難易度を下げることが効果的です。

具体的には、Oracle Cloudを活用した「次世代データ分析サービス」の導入がおすすめです。データの収集から分析までを統合的に行えます。しかもAIにより高精度な分析が可能となり、データ活用に精通した人材でなくても、データドリブンに対応しやすくなります。

適切なツールの導入

データドリブン経営でデータを収集・分析するためには、適切なツールの導入も欠かせません。ここでは、データドリブン経営に役立つツールやソフトウェアを2つ紹介します。

  1. DMP(データ管理プラットフォーム)
    「DMP」は、インターネット上の膨大なデータを一元管理し、収集・分析するためのプラットフォームです。主にWebマーケティングで用いられ、インターネット上での消費動向などを把握できます。DMPとしては、高度なAIにより分析できるOracle Cloudがおすすめです。
  2. OCR(光学文字認識)
    「OCR」は、紙に書かれた文字を認識して、データ化するためのソフトウェアです。紙の書類で情報を扱うことが多い企業だと、経営判断に活用できる十分なデータがそもそも存在しないことも考えられます。この場合はOCRを活用して、社内の情報をデータ化しましょう。

企業全体へのデータドリブンの浸透

データ活用のスペシャリストとツールを確保しただけでは不十分です。経営陣から現場の従業員まで、企業全体にデータドリブンを浸透させましょう。経営判断に有用なデータを収集するためには、現場の協力も欠かせません。

まずは、経営陣の間で情報共有し、全ての関係者がデータドリブンについて理解する必要があります。次に全体共有の場をつくり、経営陣から現場の従業員へデータドリブンを伝えていきます。

現場からの意見も聞いて、データドリブン経営の取り組み方を改善していくことも大切です。トップダウンの啓蒙とボトムアップでの実績の積み上げという双方向から、データドリブンを浸透させましょう。

まとめ

今回は、データドリブン経営の基礎知識やメリット、実現方法についてお伝えしました。データドリブン経営とは、データに基づいて企業の経営判断を行い、アクションを起こすことです。実現することで、迅速かつ的確な意思決定が可能となる、クライアントとの関係がより良好になる、などのメリットが得られます。

データドリブン経営を実現するためには、データ活用のスペシャリストが必要です。しかし、こうした人材を確保することは、どの企業にとっても容易ではありません。そこで人材不足をカバーするために、Oracle Cloudを活用した「次世代データ分析サービス」がおすすめです。統合的なデータ活用が可能で、AIにより高精度な経営判断を実現できます。


RECENT POST「データ活用」の最新記事


データ活用

データドリブンマーケティングとは?マーケティングを本質的に改革する手法

データ活用

広告分析精度を飛躍的に向上させるデータドリブンアトリビューションとは?

データ活用

AIを用いてデータドリブンを実現する条件と方法とは?

データ活用

データドリブンマネジメントとは?企業風土そのものを変えるDX

データドリブン経営とは?的確でスピード感のある経営判断のために
CTA

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング