機能

次世代クラウドプラットフォーム

Oracle Cloudはクラウドインフラサービスとしては後発でありますが、
既存のクラウドサービスに足りなかった部分を備えた「次世代のクラウド」として注目が集まっています。

Oracle Cloudのここがすごい!!

業界初のSLAを定義

統一化されたプラットフォーム

多くの企業が利用しているOracle Databaseを速やかに
クラウド環境へ移行できる

より堅牢なセキュリティの実現

  一般的なクラウドの現状 セキュリティプロのニーズ Oracleの解
データ中心のセキュリティ対策 データの保護対策は、お客様側で独自のツールを作成し、対策・運用が必要 守るべきものを定義して、セキュリティ対策を実施するべき 重要データの所在・リスク評価・監査を含む統合的なデータ・セキュリティ監視ソフト Data Safeを無償(*)で提供。さらに、データを中心に多層で保護するための構築済みセキュリティサービスを提供
自動化されたセキュリティ管理 セキュリティサービスの利用に費用が発生し、予測できない セキュリティは予算化できない。そのため設定ミスなどによる事故が多発する Cloud Guard / Security Zonesを無償で提供。UIや設定がわかりやすく導入が楽
セキュリティ・バイ・デザイン セキュアかアンセキュアかお客様が選択 選択肢があると振り回される。デフォルトでセキュリティをオンにしてセキュアに倒すべき OCIはセキュリティ第一のアーキテクチャセキュリティは常にオンに
顧客がセキュリティ機能をオフにできない

* Oracle Cloud Databeseの利用でサービスを無償提供。ただし、監査機能は100万レコード/月まで

業界初のSLAを定義

Oracle Cloud は安定した高速な基盤を元に、業界初のSLAを提供。可用性だけでなく、性能/管理も対象にしています。

  Oracle Cloud A社 B社
可用性
(利用できるか)
Check Icon Check Icon Check Icon
性能
(性能を満たしているか)
Check Icon Check Icon Check Icon
管理
(管理操作ができるか)
Check Icon Check Icon Check Icon

段階的かつ効率的な次世代マイクロ・
サービスアーキテクチャの追従

段階的かつ効率的な次世代マイクロ・サービスアーキテクチャの追従

時間とコストをミニマイズし すばやくマイクロサービス・レディーなモダナイズド・アーキテクチャへ

Oracle Cloud に関するお問い合わせ