テレワークフローとは

会社でやれることは、家でもできる。
業務効率化のこれからの姿です。

それがテレワークフローという新しいスタイル

それがテレワークフローという新しいスタイル

新型コロナ対策のため、働き方は大きく変わりました。社員が通勤し、社員が同じ場所で顔を合わせ、業務をこなしていくスタイルではなく なったのです。
これまで一緒に働いていた社員同士が離れてしまうと、業務は増え、コミュニケーションは低下します。つまり離れていながらも、業務効率化を取り組んでいかなければ、生産性は上がらないのです。そのためには「これまでやれていたことを会社でも自宅でも変わらずできるようにすること」。
それがわたしたちが提唱するテレワークフローという新しい働き方のスタイルです。ニューノーマル時代に対応するために実現しましょう!オフィスでできる、在宅でできるテレワークフロー。

「この申請、もう少し詳しく説明してくれないか?」それ、部下が在宅でも、すぐ聞けます。

「この申請、もう少し詳しく説明してくれないか?」それ、部下が在宅でも、すぐ聞けます。

申請者と承認者が離れて働くと、コミュニケーションは確実に低下します。「以前、聞いていた内容と、あがってきた申請が違うのはなぜかな?」「部下はこの内容でなぜ承認したのかな?」同じ場所で働かない今、この「ちょっと確認したい」がメールや携帯で連絡すると業務効率は落ちてしまいます。もしくは確認が面倒で承認してしまうことがあるかもしれません。

そんな時、申請・承認業務と連携し、申請者と簡単なチャットで会話ができたらどうでしょう?承認前のちょっとした確認が離れていてもできます。承認ルートメンバーで共有することにより、上長の承認確認の視点をチームで学べることができます。

申請・承認業務は、どこでも通知が届いてが当たり前。迅速化と見える化につながります。

申請・承認業務は、どこでも通知が届いてが当たり前。迅速化と見える化につながります。

「部長、申請しましたので、ご承認をお願いします」と急ぎの申請を口頭で伝えることができます。しかし離れていれば、別途メールをしたり、電話連絡をしたり、作業が増えてしまい業務効率が下がります。
テレワークフローを実現するためには、申請・承認業務と連動したメール通知や、リマンド・督促通知やポータル通知連携が簡単にできなけば、業務効率化は図れないとわたしたちは考えます。パソコンでもとスマホでも、現在の申請・承認の進捗確認も確認でき、簡単に検索ができることが、新しい働き方の見える化につながります。

コロナ前は、管理者と責任者だけは出社していた。今は完全なリモートワークになった。

コロナ前は、管理者と責任者だけは出社していた。今は完全なリモートワークになった。

社員はリモートワークになりましたが、業務管理者やシステム管理者は月末処理やシステムトラブルのために出社していました。その理由は、紙で管理する業務が残っていたためです。これでは完全なリモートワークとは言えません。

紙の業務を削減し、ハンコの文化から卒業し、真のペーパーレス化を実現しなければなりません。総務・経理の業務管理部門が簡単に申請フォームを作れ、他システムへのデータ連携やデータ集計も在宅でもできるべきです。 完全なリモートワークを目指すためには、管理者も責任者も出社しなくていいワークフローシステムを構築することが、重要なポイントなのです。

AppRemoに関するお問い合わせ